banner

宅配

宅配を扱うフランチャイズ店について

日本には非常に多くのフランチャイズ店が存在します。個人商店や個人経営の店はほとんどないと言っても過言ではありません。特に目立つのがドラッグストア、コンビニエンスストア、ファミリーレストラン、ファーストフードといった類なのです。ドラッグストアなどはもはや扱う商品が薬だけでなく、生活消耗品、食品、菓子類、衛生品と多岐にわたり、利用客がひっきりなしに店にやって来るのです。ニーズや需要が多いので、特別な販売促進活動をしなくても集客が見込め、経営に関して素人でもドラッグストアの経営は始めやすいとも言われています。またスーパーマーケットも最近ではフランチャイズ店が多いのです。個人経営のスーパーではとても大手フランチャイズのスーパーマーケットに太刀打ちできません。そのためフランチャイズに加盟し、知名度を借りて経営を維持していくのです。大手スーパーの看板を掲げているだけで、非常に信頼度や好感度が上がり、集客に苦労することがありません。またこうしたフランチャイズのスパーマーケットでは利用者のニーズに事細かに応じてもらうことができます。最近では購入額3000円以上で自宅まで買ったものを宅配してくれるサービスがあります。こうしたことは個人経営のスーパーマーケットでは不可能なことです。こうした宅配サービスは高齢者に特に人気になっています。高齢者は足腰が弱く、米やペットボトルのミネラルウォーター、大根やキャベツを自宅まで持って帰るのは不可能です。しかし大手フランチャイズのスーパーマーケットではこうした重い荷物を自宅まで宅配してくれ、そのことでがっちり消費者の心を掴み、固定客とすることができるのです。

Copyright(c) 2014 フランチャイズ展示会に行ってみようAll Rights Reserved.