banner

メリット

直営店と比べた時のフランチャイズ店のメリット

店舗のオーナーとなるには直営店を経営する場合と、チェーン展開している企業の一つの店舗としてフランチャイズ店になる場合があります。それぞれメリットやデメリットがありますが、比較的スムーズにスタートを切りやすいのはフランチャイズ店です。
まず出店における資金面から考えると、直営店の場合は出店場所を探すところから始めなければなりませんが、フランチャイズの場合は本部のマーケティングの専門家が、集客がしやすい場所を事前に探していることが多いので、物件探しの手間が省けます。希望地域において既にフランチャイズ店が出店している場合は、客となるターゲットがバッティングしてしまうので他地域にまわされてしまうことがあるため、事前に確認をしておく必要があります。次に経営面ですが、初めて店舗のオーナーとなるのであれば知識やノウハウを身につけなければならず、フランチャイズ展開をしている企業であれば講習や試験などが用意されていますので、短期間で技術などを修得することが可能になります。
次に店舗がオープンした後のことですが、直営店ですとイチから集客を始めなければなりません。主力商品でさえ認知されていませんので、お試しキャンペーンなどを実施してまずは周辺住民に対し広めていかなければならず、経営が軌道に乗るまでに相当な時間がかかってしまいます。その点、フランチャイズであればテレビコマーシャルが放映されていたり、インターネット広告が出稿されていることが多いので既に多くの人に知られています。新たに商品の良さを告知する必要がないので、開店当初からサービス重視の方針を貫くことができるのです。販売商品や飲食店の材料などは本部から定期的に届けられますので、新たな仕入先などを探す必要はなく、全て本部に任せることができます。本部主導であることがデメリットになる場合もありますが、ロイヤリティを毎月支払うことで閉店の心配をせずに店舗経営に注力できます。

Copyright(c) 2014 フランチャイズ展示会に行ってみようAll Rights Reserved.